「京都市バス一日乗車券」のメリット/デメリットとは?地元民がチケットの買い方や最新の京都情報をサクッと紹介

Kyoto Station

最近、京都を訪れる観光客の方が増えてきましたね。国内の方はもちろん、海外の方の増え方は目を見張るものがあります。

私は京都居住年数が10年を超えるので、特段難しさは感じませんが、京都に来たばかりの頃は、土地勘がなく、苦労しました。今では街中にたくさんの案内ディスプレイがありますが、観光で来たばかりの方にとっては、訪れるべき場所が多すぎて、それすらなかなか難しいかと思います。

そんな観光客の方は、まず京都駅で「京都市バス一日乗車券」を買ってしまいましょう。「京都市バス一日乗車券」が一体どんなカードか、そしてその買い方などを、最新の京都事情を軽くご紹介しながら、説明したいと思います。

京都市バス一日乗車券」とは?

f:id:kyotomania:20160801155925p:plain

京都市バス一日乗車券」とは、京都市交通局が発売している、乗車券です。京都市バス、京都バスの均一運賃区間内であれば、1日何回でも利用でき、ワンコイン500円という安さの割に、利用できるエリアはかなり広く、地元の方から観光客の方まで、人気を集めています。

注意点として、高雄方面、桂・洛西方面、大原方面などについては、エリア外になってしまう点のみ、注意が必要です。この辺りは後ほどご説明させていただきます。

京都市バス一日乗車券」の利用可能エリアは?

f:id:kyotomania:20160801150434j:plain

京都市バス一日乗車券」の利用可能エリアは、上図の通りとなっています。

・・・といっても、どこやねん!となりますよね。実はこれ、京都の主要な観光拠点は、網羅しているといっても過言ではないほどの広さです。

対応エリアを細かく見ると、こんな感じになります。

f:id:kyotomania:20160801151703j:plain

京都って、観光ガイドブックなどで見ると、すごく狭そうに見えませんか?実際はそんなことがなく、京都市内だけでも、非常に広いです。

また、残念ながら(?)主要な観光地が結構離れていて、徒歩やタクシーを使った移動は、体力面、金銭面を考えて現実的ではありません。

京都市バス一日乗車券」のメリット

Kiyomizudera

そんな京都観光において、「京都市バス一日乗車券」の存在は、非常に大きいです。メリットはズバリ、主要観光地の多くをカバーしている点であると言えるでしょう。1日たったの500円で、京都観光が一気に捗る、それが、「京都市バス一日乗車券」です。

また、少しではありますが、各観光施設において優待も存在します。「弥栄会館ギオンコーナー」「京都水族館」「よしもと祇園花月」「小倉百人一首殿堂時雨殿」「東映太秦映画村」では、利用日当日の提示に限って割引が受けられるので、積極的に提示しましょう。

京都観光にベストマッチとも思える、「京都市バス一日乗車券」ですが、もちろんデメリットも存在しています。

京都市バス一日乗車券」のデメリット

Kyoto Station

冒頭でも書いた通り、京都は近年、国際的な観光都市になりました。北米メディア「Travel + Leisure」では、2014年と2015年、2年連続で行きたい都市ランキング1位に輝きましたし、グローバルで展開される旅行関連サイト「TripAdvisor」では、伏見稲荷清水寺などが、人気の観光地として上位にランクインし続けています。

こうした状況下において、情報伝達メディアが発達した今、「京都市バス一日乗車券」の存在が知られていないはずがありません。国内外の方が、「京都市バス一日乗車券」を購入し、連日利用しているため、多くの観光地のバス停は長蛇の列、バス車内も多くの人に揺られながら乗車することを覚悟しなくてはなりません。特に、「清水寺」「嵐山」「金閣寺」この3つ辺りを検討している方は、十分に覚悟しておきましょう。

Shijo Avenue

交通渋滞も気にかかります。最近では、メインストリートの1つである四条通で、車線が減少したこともあり、付近で渋滞が起きやすくなっています。出来る限り早く観光ルートを回りたいという方には、向かないかも知れません。

もちろん、たったの500円で購入しているのですから、おおっぴらに文句は言えませんが、ストレスフルな環境が苦手という方には、オススメできないカードであると言えます。

また、先述の通り、大原などがエリア外となっている点もデメリットの1つでしょう。三千院が目的地の場合は、別の手段を考える必要があります。

京都市バス一日乗車券」の発売場所

京都市バス一日乗車券」の発売場所は、以下の通りとなっています。

  • 市バス・地下鉄案内所
  • 定期券発売所
  • 市バス営業所
  • 市バス車内
  • 地下鉄駅窓口(大人券のみ)
  • 京都バス営業所
  • 京都バス案内所
  • 京都バス車内

最悪、分からなければバス車内で購入することが可能ですが、経験上、怪訝そうな顔をされる可能性が高いので、できる限り営業所や、定期券の発売所で購入したいものです。

f:id:kyotomania:20160801154404p:plain

本当であれば、お客様サービスなので、にっこり笑顔で販売していただきたいところですが、おそらく運転手さんにも、時間通りに乗客を送り届けるという重大ミッションがあるのでしょう。

Kyoto - Gare- Station

京都駅前で最も目立つの販売箇所は、このアーチ状の屋根の建物です。「JR京都駅中央口前バス総合案内所」内にあるバスチケットセンターには、土休日は多くの観光客が訪れるので、外側向かい側にある自動販売機で購入してしまうのも手でしょう。

Kyoto Bus Station II

京都市バス一日乗車券」はデメリットがあれど、持っていて損なし

京都市バス一日乗車券」は、デメリットが多少なりとも存在するものの、500円という金額からして、持っていて損のないカードです。なんといっても、3回乗れば、間違いなく元は取れますからね。

京都駅に着いたら、まずは購入してみて自身の感覚に合いそうなカードであれば使い続ければよいですし、もし合わなければ、近くまではできる限り電車を使って、駅から目的地まではバス、といった使い方が良いかと思います。

次回は、京都観光のモデルケースをご紹介しますので、お楽しみに。